Welcome to Yukari KATO's Website 教育工学と日本語教育を専門とする研究者、加藤由香里のホームページです。学生と教員に対して「学びをよくする」ための提案をしています。大学でFD(faculty Development)を担当しています。

研究業績

国際学術会議における講演報告等

  1. Yukari Kato & Toshio Okamoto(2001)Development of a Japanese Reading Support System based on Activating Visual Information, Proceedings of ED-MADIA 2001,World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia & Telecommunications, Tampere, FINLAND, June 25-30
  2. Yukari Kato & Toshio Okamoto(2001)The Effects of Utilizing Visual Information of Charts and Diagrams in Japanese Academic Articles, Proceedings of ITHET2001, International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training, Kumamoto, JAPAN, July 4-6, 2001
  3. Toshio Okamoto, Mizue Kayama, Kazuya Seki, & Yukari Kato (2002) Individual and Collaborative Learning Environment Based on Knowledge Management, Proceedings of ITEM2002, Information Technology in Educational Management (IFIP) Helsinki, FINLAND August 18-22,2002
  4. 加藤由香里(2004)専門日本語講読における背景知識と描図方略の関係:情報科学系論文を対象として,2004年日本語教育国際研究大会予稿集1,日本,昭和女子大,(2004年8月)pp.173-178.
  5. Yukari Kato (2004) Instructional Design of Academic Reading Contents on Web-Based Language Learning, Tokyo, JAPAN, Proceedings of Information 2004,Nov.29th-December 2rd,pp.524-527
  6. Yukari Kato & Toshio Okamoto(2004)Instructional Design for Scaffolding Graphic Using Strategies on Web-Based Academic Reading, Proceedings of International Conference on Computers in Education 2004, Melbourne, AUSTRALIA, Nov.30th -December 3rd, 2004, pp. 621-626
  7. Yukari Kato (2005) Development and Evaluation of Web-Based Academic Reading Support System based on Activating Visual Information, Proceedings of 2005 Korea-Japan Joint International Conference (3rd), pp. 111-120
  8. Yukari Kato & Toshio Okamoto(2005)The Design of Web-Based Academic Reading System: Unifying Graphical and Textual Information, Proceedings of The 2nd joint workshop of cognition and learning through Media-Communication for Advanced e-Learning, pp. 79-83
  9. Yukari Kato (2005) The Effects of Textual Complexity Decrease on Activating Graphical Information in Second Language Reading Comprehension, Proceedings of International Conference on Computers in Education, pp.724-727
  10. Yukari Kato (2006) Differences of Evaluation of Japanese Reading Support System between Foreign Students and Japanese Language Teachers, Proceedings of International Conference for Media in Education (ICoME), pp.311-319
  11. Yukari Kato & Toshio Okamoto(2006) Evaluation of Web-Based Training System for Reading Scientific Documents based on Activating Visual Information, Proceedings of the 7th IFIP International Working Conference on Information Technology in Educational Management (ITEM)
  12. Yukari Kato (2006) Development and Evaluation of Japanese Internet-Based Multimedia Program, Special Focus Session on Japan by NIME AIDE project group
  13. Yukari Kato (2007) E-Learning Development for Technological Literacy for a Wider Audience in Pre-College Engineering Program , The 8th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training (ITHET), pp.112
  14. Yukari Kato & Toshio Okamoto(2007) Different Evaluations of e-Learning for Reading between Foreign Students and Japanese Language Teachers, Proceedings of IEEE International Conference on Advanced Learning Technologies(ICALT)pp.403-407
  15. Yukari Kato (2007) E-Learning Development for Technological Literacy in a Pre-College Engineering Program, Proceedings of International Conference for Media in Education (ICoME), pp. 77-86
  16. Yukari Kato (2007) E-Learning for Technological Literacy Education in a Pre-College Engineering Program, Proceedings of International Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, & Higher Education (E-Learn),pp.88-95
  17. 加藤由香里・綛田はるみ・茂住和世・(2008) 理工系向け日本語eラーニングの開発と評価,2008年日本語教育世界大会予稿集3,韓国,釜山外国語大学,(2008年7月11-13日)pp.357-360
  18. Yukari Kato (2008) E-Contents for Technological Literacy in a Pre-College Program, Proceedings of the 8th IFIP International Working Conference on Information Technology in Educational Management (ITEM),Darwin, Australia, 2008年7月20-25日
  19. Yukari Kato, Hironori Egi, Masaki Nakagawa (2008) Ubiquitous Peer Reviewing Process to Construct e-Teaching Portfolio, Proceedings of International Conference for Media in Education (ICoME), Kansai Univ.,JAPAN,(2008年8月25-27日) pp.59-64
  20. Yukari Kato, Hironori Egi, Wataru Tsukahara, Shoutaro Houri, and Masaki Nakagawa (2009) Development of e-Teaching Portfolio for Ubiquitous Peer Reviewing Process, Proceedings of Society of Information Technology & Teachers Education (SITE), Charleston, USA,(2009年3月2-6日) pp.78-83
  21. Yukari Kato(2009)Using Tablet PCs to Construct e-Teaching Portfolios by Ubiquitous Peer Review, Microsoft Research Asia Mobile Computing in Education Theme Workshop 2009,Beijing, CHINA,(2009年3月16-17日)pp.78-83
  22. Yukari Kato, Shotaro Houri, Wataru Tsukahara, Hironori Egi, Masaki Nakagawa (2009) E-Teaching Portfolio to Enable an Ubiquitous Peer Reviewing Process, Proceedings of IEEE International Conference  on Advanced Learning Technologies(ICALT), Riga, LATVIA, (2009年7月15-17日)pp.334-336
  23. Yukari Kato (2009)FD Commons: e-Teaching Portfolio to Support Self-Reflection and Lesson Study, Proceedings of International Conference for Media in Education (ICoME), Seoul Univ. KOREA,(2009年8月27-29日) pp.327-334
  24. Yukari Kato(2009)Building the Commons to Support Self-Reflection and Lesson Study, Proceedings of International Conference for ISSOTL 2009, Bloomington, Indiana, USA(2009年10月22-25日)p.48
  25. Yukari Kato(2010)Building Lesson Study Communities to Support Teacher Collaboration for Professional Development, Proceedings of Society of Information Technology & Teachers Education (SITE), San Diego, USA,(2010年3月28-4月2日) pp.111-118
  26. Yukari Kato(2010)Teaching Commons to Promote Communication between Teachers and Researchers for Lesson Study, Proceedings of The 2nd Annual N.E.A.R. Language Education Conference), Niigata, JAPAN,(2010年5月29日)
  27. Yukari Kato,Masatoshi Ishikawa(2010)Lesson Study Communities on Web to Support Teacher Collaboration for Professional Development, ITS2010,Part 1, LNCS, Pittsburg, USA,(2010年6月15-17日) pp. 135-144
  28. 加藤由香里(2010) 理工系留学生を支援する授業研究コミュニティの構築,2010年日本語教育世界大会予稿集3,政治大学,台湾,(2010年7月31日-8月1日)CD-ROM:1372-0-9
  29. Yukari Kato(2011)Building Commons to Improve Teaching and Learning for Quality Assurance through Peer Review Project,ICALT2011,Athens, GA,USA(2011年7月6日-8日)pp.150-154
  30. Yukari Kato(2011)Teaching Commons to Promote Self-Reflection and Lesson Study for Professional Development,ICoME2011,Seoul, Korea(2011年8月26日-28日)p35
  31. 加藤由香里(2012)日本語教師の情報活用を支援するeティーチング・ポートフォリオの開発,The Fourth N.E.A.R. Language Education Conference, Niigata, Japan (2012年5月26日)
  32. Yukari Kato(2012)FD Commons to Enhance the Culture and Teaching and Learning as Collaborative Practice,Ed-MediaI2012 (Virtual Presentation),Denver, Colorado, USA(2012年6月26日-28日)pp.1424-1433
  33. 加藤由香里(2012)日本語教師支援のための情報リテラシー学習サイトの開発, 日本語教育国際研究大会,名古屋(2012年8月17日-20日)
  34. 加藤由香里・古屋憲章・藤川美穗(2012)日本語教師の成長を支援する学習サイトの運営, 第5回CASTEL-J (Computer Assisted Systems for Teaching and Learning Japanese), Nagoya University of Foreign  Studies(2012年8月20日-22日)
  35. Yukari Kato(2012)Learning Community to Encourage Professional Development of Japanese Language Teachers, 第5回CASTEL-J (Computer Assisted Systems for Teaching and Learning Japanese), Nagoya University of Foreign Studies(2012年8月20日-22日)
  36. Yukari Kato (2012) Virtual Community for Professional Development of Japanese Language Teachers, 5th edition, International Conference ICT for Language Learning, Florence, Italy(2012年11月15日-16日)pp.423-426
  37. Yukari Kato(2013)Organizing a Learning Community for Japanese Language Teacher Education, SITE 2013,New Orleans, USA(2013年3月25日-29日)pp. 1341-1349
  38. Yukari Kato (2013) Sustainable Professional Development to Promote Collaboration between Japanese Language Teachers Domestic and Overseas, ICOME 2013, Aichi, Japan, (2013年8月9日-11日) p.41
  39. Yukari Kato (2013) Online Systems for Sustainable Professional Development in Japanese Language Teacher Education (持続的成長を支援する日本語教師教育オンラインシステム), CAJLE 2013, Toronto, Canada(2013年8月21日-24日) p.48
  40. Yukari Kato (2013) A Virtual Community for the Professional Development of Japanese Language Teachers Domestic and Overseas, PNC Kyoto, Japan(2013年12月10日-12日)
  41. Yukari Kato (2014) A Collaborative Teaching and Learning for Japanese Language Teachers in Higher Education(高等教育における日本語教師を対象とした協調的な学習と教授), CAJLE 2014, Montreal, Canada(2014年8月20日-21日) p.28
  42. Yukari Kato (2014) A New Model for Professional Development of Japanese Language Teachers in Higher Education, ICOME 2014, Seoul, Korea, (2014年8月25日-27日) p.21
  43. Yukari Kato (2014) An Active Model for Professional Development in Japanese Language Teacher Education, 第10回国際日本語教育・日本研究シンポジウム(2014年11月15日-16日) (印刷中)

学会発表等

全国大会口頭発表

  1. 加藤由香里(1995)熟達者と初心者の文章産出過程の相違についてープロトコルとCohen(1991)の質問紙による調査―,平成7年度日本語教育学会春季大会(於 学習院大学),日本語教育学会春季大会予稿集,pp.127-132
  2. 加藤由香里(1997)読解における漢字語彙の推測について,平成9年度日本語教育学会春季大会,(於 慶応義塾大学),日本語教育学会春季大会予稿集,pp.201-206
  3. 加藤由香里(1998)会話授業における教育メディアの選択についてー学習者の特性との関連からー,平成10年度日本語教育学会秋季大会(於 北海道大学),日本語教育学会秋季大会予稿集,pp.67-72
  4. 加藤由香里(1999)読書学習支援システム「新書ライブラリー」の利用と評価―学習記録の分析―平成11年度日本語教育学会春季大会(於 麗澤大学),日本語教育学会春季大会予稿集,pp.229-230
  5. 加藤由香里,岡本敏雄(2000)文章理解における情報の活用に関する基礎的研究教育工学関連協会連合第6回全国大会(於 鳴戸教育大学)教育工学関連協会連合第6回全国大会講演論文集(第二冊),pp.449-502
  6. 加藤由香里,岡本敏雄(2001)日本語学術論文支援システムの開発に向けて,情報処理学会全国大会講演論文集(於 慶応義塾大学),pp.233-234
  7. Yukari Kato & Toshio Okamoto(2002)The Framework of Academic Reading Support System based on Activating Visual Information, FIT2002 Forum on Information Technology (於東京工業大学),pp.261-262
  8. 加藤由香里,岡本敏雄(2002)論文理解における非言語情報の効果,日本教育工学会全国大会講演論文集(於 長岡技術科学大学),pp.533-534
  9. Yukari Kato & Toshio Okamoto(2002)A Proposal for Integrating Textual and Graphical Information in Japanese Academic Reading,日本教育工学会全国大会講演論文集(於 長岡技術科学大学),pp.867-868
  10. 加藤由香里(2003)論文理解における視覚情報の方略的活用,日本語教育学会春季大会(於 一橋大学)日本語教育学会春季大会予稿集,pp.128-133
  11. Yukari Kato & Toshio Okamoto(2004)Instructional Design of Scaffolding Graphical Using Strategies on Web-Based Academic Reading,日本教育工学会全国大会講演論文集(於 東京工業大学),pp.1061-1062
  12. 加藤由香里(2005)理工系研究留学生を対象とした論文講読e-learningの開発と評価,教育システム情報学会30周年記念全国大会講演論文集(於 金沢学院大学),pp.17-18
  13. 加藤由香里(2005)日本語読解支援e-learningコンテンツの開発と評価,第12回日本メディア教育学会年次大会(於 東京学芸大学),pp.158-159
  14. 秋山實・加藤由香里(2006)繰り返し学習のためのテストモジュールおよび留学生用漢字テスト,日本語教育学会春季大会(於 東京外国語大学)(デモンストレーション)
  15. 加藤由香里(2006)e-Learning読解コンテンツの構成手法の調査―評価アンケートとインタビューの分析から―,日本語教育学会秋季大会(於 熊本県立大学)日本語教育学会秋季大会予稿集,pp. 75-80
  16. 加藤由香里(2006)e専門教員の協同による科学文献講読コンテンツの開発, 日本語教育工学会(於 関西大学,日本語教育工学会第22回講演論文集, pp. 803-804
  17. 加藤由香里(2007)大学教員研修(FD)のためのeラーニングコンテンツ試作, 大学教育学会大会 (於 東京農工大学), 大学教育学会第29回発表要旨集録, pp. 110-111
  18. 加藤由香里・才田いずみ(2007)上級日本語読解コンテンツの開発―専門教育との連携を志向するeラーニング―, 日本語教育工学会(於 早稲田大学),日本語教育工学会第23回講演論文集, pp. 857-858
  19. Yukari Kato(2007)Advanced-Level Japanese Language e-Contents of Technological Literacy for a Wider Audience, 日本語教育工学会(於 早稲田大学),日本語教育工学会第23回講演論文集,pp. 991-992
  20. 加藤由香里,江本理恵,尾澤重知,細川敏幸,中島平,江木啓訓,田口真奈(2008)教育改善に向けたICT利用(ラウンドテーブルⅩⅡ), 大学教育学会大会(於 目白大学), 大学教育学会第30回発表要旨集録, pp. 62-63
  21. 加藤由香里(2008)教員向けICTスキルアップセミナーの実施と課題(於 目白大学、2008/6/7-8), 大学教育学会第30回発表要旨集録, pp. 74-75
  22. 加藤由香里(2008)ICT活用に向けたFDセミナーの企画・実施とその改善―大学教育センターと総合情報メディアセンター連携によるプログラム開発―,工学・工業教育研究講演会(於 神戸大学、2008/8/1-3), 工学・工業教育研究講演会 講演論文集, pp. 560-561
  23. 加藤由香里・江木啓訓・塚原渉・中川正樹(2008)講義の質を高める相互観察による電子ティーチング・ポートフォリオ, 教育システム情報学会第33回全国大会,教育システム情報学会全国大会講演論文集(於熊本大学、2008/9/3), pp. 398-399
  24. 加藤由香里(2008)上級日本語教育eラーニング・コンテンツ―理工系専門教員との連携による開発―,日本語教育学会秋季大会(於山形大学、2008/10/11ー12)日本語教育学会秋季大会予稿集,pp. 122-127
  25. 江本理恵,尾澤重知,加藤由香里,酒井陽一,堀井祐介,栗田佳代子,古賀暁彦(2009)教育改善のための教育情報アーカイブスーオンライン授業公開から電子ティーチング・ポートフォリオまで(ラウンドテーブルⅩⅡ), 大学教育学会大会, 大学教育学会第31回発表要旨集録(於 首都大学東京,2009/6/6-7), pp. 58-59
  26. 加藤由香里(2009)eティーチング・ポートフォリオによる授業観察の試み, 大学教育学会第31回発表要旨集録(於 首都大学東京,2009/6/6-7), pp. 74-75
  27. 加藤由香里,江木啓訓(2009)学習者の多様性に配慮した協同学習の試み, 情報教育シンポジュウム(SSS)(於 佐賀,2009/8/19-21), pp. 175-181
  28. 加藤由香里,福原いずみ,庄司雅彦,金勝一樹,三沢和彦(2009)授業研究による協同的な教育改善を支援する教師連携の構築,第16回日本メディア教育学会年次大会(於 新潟大学,2009/9/12-13),pp.99-100
  29. 栗田佳代子,加藤由香里,井上史子,尾澤重知,北野健一,城間祥子,皆本晃弥(2010)ティーチング・ポートフォリオ:導入の意義と可能性(ラウンドテーブルⅥ), 大学教育学会大会(於 愛媛大学,2010/6/5-6), 大学教育学会第32回発表要旨集録, pp. 200-201
  30. 加藤由香里(2010)協同的な教師連携を支援する授業研究コミュニティ,教育工学会第26回全国大会,日本教育工学会第26回全国大会論文集(於金城学院大学,2010/9/18-20), pp.233-234
  31. 加藤由香里(2011)高等教育の内部質保証に向けた教員と学生による授業レビュー実践,  教育システム情報学会第36回全国大会,教育システム情報学会第36回全国大会講演論文集(於 広島市立大学,2011/8/31-9/2), pp. 392-393
  32. 加藤由香里(2011)海外赴任準備としての日本語教師のための情報リテラシー教育の実践,  教育システム情報学会第36回全国大会,教育システム情報学会第36回全国大会講演論文集(於 広島市立大学,2011/8/31-9/2), pp. 364-365
  33. 加藤由香里(2011)教育的な議論を深めるツールとしてのティーチング・ポートフォリオ―日本語教育の教授ノウハウを他分野との協力・連携へどのように活かすか―,日本語教育学会秋季大会(於 米子コンベンションセンター2011/10/8ー9)日本語教育学会秋季大会予稿集,pp. 113-118
  34. 丁愚錫, 加藤由香里,河路由佳(2011)韓国語話者のためのマルチメディアを利用した初級日本語アクセント教材,第18回日本メディア教育学会年次大会(於 国際基督教大学,2011/11/5-6),pp.195-196
  35. 加藤由香里(2012)日本語教師の実践を検証するeポートフォリオ,第19回 日本教育メディア学会年次大会(於東北学院大学,2012年9月1日)pp.57-58
  36. 加藤由香里(2012)日本語教師の専門的力量を形成するバーチャル・コミュニティの構築,教育システム情報学会第38回全国大会(於 金沢大学,2012/9/2-4) pp.121-122
  37. 加藤由香里(2013)専門的成長を支援する国内外の日本語教師の交流活動コミュニティ,日本語教育学会秋季大会(於 関西外国語大学2013/10/12-13) 日本語教育学会秋季大会予稿集,pp.188-193
  38. 守屋久美子・加藤由香里(2014)インターネットを通じた非母語話者同士の動画作詞と交流活動が学習者意識に与える効果,日本語教育学会春季大会(於 創価大学2014/5/31-6/1) 日本語教育学会春季大会予稿集,pp.146-151

研究会口頭発表

  1. 加藤由香里(1994)発話能力の習得過程とその評価について,第二言語習得研究会,(於お茶の水女子大学)
  2. 加藤由香里(1994)生活技能訓練を利用した発話訓練プログラムとその評価,日本語教育方法研究会(於 名古屋大学)日本語教育方法研究会誌,Vol.2,No.1,pp.26-27
  3. 加藤由香里(1995)熟達者と初心者の文章産出過程の相違について,日本語教育方法研究会(於 立川高等学校),日本語教育方法研究会誌,Vol.1,No.3,pp.46-47
  4. 来嶋洋美,鈴木庸子,駒井利江,加藤由香里,カッケンブッシュ寛子(1995)上級日本語学習者のための読書支援プログラム-開発と形成的評価―,日本語教育方法研究会(於 立川高等学校),日本語教育方法研究会誌,Vol.1,No.3,pp.10-11
  5. 鈴木庸子,大野春見,豊田悦子,高島真理子,加藤由香里(1996)上級日本語学習者のための読書支援システムの開発―学習履歴の分析―,日本語教育方法研究会(於 麗澤大学)日本語教育方法研究会誌Vol.3,No.1,pp.8-9
  6. 加藤由香里(1997)漢字語彙の意味と読みの推測過程について,日本語教育方法研究会(於 国際交流基金日本語国際センター),日本語教育方法研究会誌Vol.4,No.1,pp.28-29
  7. 加藤由香里(1998)視聴覚フィードバックを取り入れた会話クラスの試みー授業設計とその評価を中心にー,日本語教育方法研究会(於 東京農工大学),日本語教育方法研究会誌,Vol.5,No.1,pp.2-3
  8. 加藤由香里(1999)読書支援システム新書ライブラリーの試行(2),日本語教育方法研究会(於一橋大学)日本語教育方法研究会誌,Vol.6,No.1,pp.20-21
  9. 加藤由香里,能波(福永)由佳(1999)日本語教授法関連文献に見られる教授活動の記述に関する調査,小出記念日本語教育研究会(於 東京女子大学)
  10. 能波(福永)由佳,八田直美,藤長かおる,加藤由香里(1999)学習手段データベース作成の試みー教師のための授業,設計システムの開発,国立国語研究所公開研究発表会,(於 国立国語研究所)
  11. 加藤由香里,岡本敏雄(2001)学術論文講読における視覚情報の活用について,教育システム情報学会言語知識処理応用部会(於 東京理科大学),pp.21-26
  12. 加藤由香里,岡本敏雄(2001)日本語学術論文理解における視覚情報の活用方略,電子情報通信学会ET研究会(於 岐阜女子大学),pp.77-84
  13. 加藤由香里,岡本敏雄(2002)論文理解における視覚情報の効果, 電子情報通信学会ET研究会(於 茨城大学),pp.9-16
  14. 加藤由香里,岡本敏雄(2002)学術論文理解における視覚情報の効果,教育システム情報学会言語知識処理応用部会(於 東京理科大学),pp.77-84
  15. 加藤由香里,岡本敏雄(2002)学術論文理解を目指した統合的語学学習システムの提案,電子情報通信学会ET研究会(於 電気通信大学),pp.1-6
  16. 加藤由香里,岡本敏雄(2003)語学支援システム(CALL)開発における教材構造モデルの提案,電子情報通信学会ET研究会(於 IBM箱崎研究所),pp.13-18
  17. 加藤由香里,小森和子,綛田はるみ(2003)テキスト構造分析に基づく文章理解の評価の一案―日本人と外国人留学生の要約課題の比較からー,日本語教育方法研究会(於 名古屋外国語大学),日本語教育方法研究会誌Vol.11,No.2,pp.22-23
  18. 加藤由香里(2005)理工系留学生を対象とした読解e-Learningの評価,日本語教育方法研究会(於 徳島大学),日本語教育方法研究会誌Vol.12,No.2,pp.10-11
  19. 加藤由香里(2006)科学文献講読e-ラーニングコンテンツの開発―「今、農工大が面白い」を素材として―,東京農工大学e-ラーニング拡充記念シンポジウム(於 東京農工大学),東京農工大学e-ラーニング拡充記念シンポジウム資料集,pp.19-22
  20. 加藤由香里・秋山實(2006)高校生向け研究紹介を素材とした科学文献講読e-Learningコンテンツの試作,日本語教育方法研究会(於 国立国語研究所),日本語教育方法研究会誌Vol.13,No.1,pp.38-39
  21. 加藤由香里(2007)大学教員の教育力向上に向けたeラーニングコンテンツの試作,教育システム 情報学会第1回研究会(於NTT武蔵野研究所),JSiSE Research Report, Vol.22, No.1(2007-5),50-53
  22. 加藤由香里(2007)専門教育との連携を志向するeラーニングの開発,平成19年度全国大学IT活用教育方法研究発表会予稿集(於アルカディア),pp.38-39
  23. 加藤由香里(2007)専任教員との連携による日本語教育eラーニング開発,日本eラーニング学会学術講演会(於法政大学),
  24. 加藤由香里・江木啓訓・梅田倫弘(2007)教員向けeラーニングコンテンツ作成支援のあり方と今後の課題―Technology Push からRequirement Pullへ,第14回大学教育研究フォーラム(於京都大学),pp.124-125
  25. 江木啓訓・須田良幸・加藤由香里(2007)ICTを活用したeラーニング教育手法に関するFD研修の試み,第14回大学教育研究フォーラム(於京都大学),pp.122-123
  26. 加藤由香里・江木啓訓(2008)大学教員向けICT活用セミナーのあり方と今後の課題,教育システム情報学会第1回研究会(於NTT武蔵野研究所),JSiSE Research Report, Vol.23, No.1(2008-5),pp.93-98
  27. 寶理翔太朗・寺田達也・加藤由香里,江木啓訓・塚原渉・中川正樹(2008)授業映像への手書きアノテーションによるピア・レビューシステム,信学技法2008-53,電子情報通信学会ET研究会(於北陸先端大学),pp.17-22
  28. 加藤由香里・江木啓訓・塚原渉・寶理翔太朗・寺田達也・中川正樹(2009)授業観察アノテーションシステムFD Commonsを利用したFD活動支援,教育システム情報学会第5回研究会(於 八王子学園都市センター),JSiSE Research Report, Vol.23, No.5(2009-1), pp.24-27
  29. 寶理翔太朗・加藤由香里・江木啓訓・塚原渉・寺田達也・中川正樹(2009)授業観察アノテーションシステムFD Commonsの設計と開発,教育システム情報学会第5回研究会(於 八王子学園都市センター),JSiSE Research Report, Vol.23, No.5(2009-1),pp.28-29
  30. 江木啓訓・加藤由香里・梅田倫弘・川島幸之助(2009)授業改善を目指したICT利用と普及,第15回大学教育研究フォーラム(於京都大学),pp.112-113.
  31. 加藤由香里・江木啓訓・塚原渉・寶理翔太朗・寺田達也・中川正樹(2009)ICTを利用した教員相互参観システムの開発,第15回大学教育研究フォーラム(於京都大学),pp.114-115.
  32. 加藤由香里・寶理翔太朗・梅田倫弘・江木啓訓・塚原渉・中川正樹(2009)FD Commonsによる教育改善の展開,日本教育工学会第2回研究会(於 徳島大学,2009/5/16),日本教育工学会研究会報告書(JSET09-02), pp.11-14
  33. 寶理翔太朗・加藤由香里・江木啓訓・塚原渉・梅田倫弘・中川正樹(2009)FD Commons:授業改善を支援するツールの開発と評価,教育システム情報学会第1回研究会(於 電気通信大学,2009/5/16),JSiSE Research Report, Vol.24, No.1(2009-5),pp.12-15
  34. 加藤由香里・石川正敏(2009)授業改善のための教員相互参観システムの運用,第16回大学教育研究フォーラム(於京都大学,2009/3/18-19),pp.144-145
  35. 加藤由香里(2010)学習者の多様性に配慮した協同学習による情報リテラシー,ICTによる教育改善研究発表会(私立情報教育協議会)(於上智大学)
  36. 加藤由香里(2011) 内部質保証に向けた学生TAと同僚教員によるピアレビューの実践,教育システム情報学会特集論文研究会 「実用的eラーニング環境の構築と運用」(於 九州工業大学,2011/3/19) JSiSE Research Report, Vol.25, No.6(2011-3),(pp.131-136)
  37. 加藤由香里(2012)海外で活躍する日本語教師支援のためのポータルサイトの開発,第18回大学教育研究フォーラム(於京都大学,2012/3/15-16),pp.101-102
  38. 加藤由香里(2012)日本語教師の実践を検証するeポートフォリオ,第19回 日本教育メディア学会年次 大会(於東北学院大学,2012年9月1日)pp.57-58
  39. 加藤由香里(2012)国内外の教師交流ネットワークを活用した日本語学習コンテンツの開発と評価,私立大 学情報教育協会,教育改革ICT戦略大会資料(於アルカディア市ヶ谷,2012年9月6日)pp.108-109
  40. 加藤由香里(2012)国内外で活動する日本語教師の情報リテラシー調査,日本教育メディア学会研究会(於茨城大学,2013年12月8日), pp.29-32
  41. 藤川美穂,加藤由香里,古屋憲章(2012)省察的実践のための教師学習コミュニティ成立条件,日本教育工学会研究会(於東京学芸大学,2012年12月15日),日本教育工学会研究報告書,pp.37-42
  42. 加藤由香里(2013)バーチャルコミュニティにおける国内外の日本語教師の交流活動,電子情報通信学会ET研究会(於東京農工大学,2013/1/12)信学技報,pp.51-55
  43. 加藤由香里(2013)国内外の日本語教師の持続的成長を支援するeポートフォリオ,第19回大学教育研究フォーラム(於京都大学2013/3/14)pp.124-125
  44. 加藤由香里(2013)eポートフォリオによる国内外の日本語教師の活動支援,教育システム情報学会研究会(教育の情報化と情報教育)(於山口大学,2013/3/16)JSiSE Research Report vol.27(7)(2013-3) pp.219-225